TOP > 当院について > 院長ごあいさつ

つるた接骨院 | 院長ごあいさつ

東村山市萩山町5丁目で開院して15年目を迎えることができました「つるた接骨院」の鶴田伸司と申します。

小学生の頃、遊んでいて腕を骨折した時、近所の接骨院で治し「どうして骨がくっつくのかな?」という不思議さがあり、小学生の頃から始めた野球でも幾度となく怪我をし、自分も人のために患者さんのために怪我を治してあげたいと、この仕事を目指そうと決意しました。

高校では硬式野球部に所属し、甲子園を目指しましたが東東京大会の準決勝で敗退してしまいました。成人になってからはスノーボードに毎週行ったり、ゴルフ、ソフトボール、草野球などの経験上、スポーツによる外傷を幾度となく経験し、スポーツ外傷は熟知しております。

以前、院の隣にある東村山3中のサッカー部の部員たちが通院しておりました。公立校には珍しくトレーナーがいたにも拘らず、「つるた接骨院の方が上手いよ」と部員たちに言われ、その彼らは東京都大会で見事優勝しました。その中の1人の生徒が高校で全国サッカー選手権にレギュラーとして出場し見事な成績を残し、全国大会出場の報告をしに当院に来てくれた時は、自分も本格的にスポーツをやっていたので「今までの治療に間違いはなかった」と証明されて、とても嬉しかったです。

介護予防、スポーツ外傷などから生活習慣病まで、皆様の健康の窓口となり、心をこめて生活へのサポートをしてまいります。
院長プロフィール
  • 東京都西東京市出身
  • 東京医療専門学校卒業
  • 厚生労働省認定 柔道整復師免許取得
  • 公益社団法人東京都柔道整復師会入会
  • 東村山市萩山町5丁目に「つるた接骨院」開院
  • 機能訓練指導員認定(介護予防)
  • 東村山市防災医療機関認定(地震など災害時)
  • つるた接骨院 | ページトップへ